ロゴ

ヘモグロビンa1cの値を下げて体の健康を取り戻そう!

血液

数値を下げるための対策法

血糖値は測定のタイミングによって大きく変化しますが、ヘモグロビンa1cの値は過去1~2か月の血糖値の平均を示します。この値が高いと日頃から血糖値が高いということになり、糖尿病の疑いが濃くなります。ヘモグロビンa1cの値を下げるには、生活習慣を改善することが最も大切です。たとえば炭水化物や甘いものばかり好んで食べていると血糖値が上がるだけでなく、ビタミンやミネラルが不足しがちになり、糖の代謝がさらに悪化してしまいます。野菜や肉や魚などを含めて、栄養バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。また運動不足は生活習慣病の原因のひとつです。糖を効率よく燃焼させるためにも、有酸素運動を積極的に取り入れると良いでしょう。

血液

食事改善が難しい人はサプリメントがおすすめ

ヘモグロビンa1cを下げる栄養素としては、青魚に含まれるDHAやEPAなどが挙げられます。また抗酸化作用で知られるポリフェノールや、コレステロールの排出作用があるサポニンなども積極的に摂取したい栄養素です。代謝を活性化させる各種ビタミンやミネラル、糖質の吸収を穏やかにする食物繊維など、ほかにも効果的な栄養素は多岐にわたります。これらをすべてバランス良く摂取するのは、口で言うほど簡単なことではありません。人によってメニューの好き嫌いもあれば、仕事上の付き合いで仕方なく不摂生を繰り返してしまうこともあるでしょう。このように食生活の改善が難しい場合は、必要な栄養素を手軽に補えるサプリメントがおすすめです。